• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 699
  • 公開日時 : 2021/07/07 17:04
  • 更新日時 : 2021/07/07 17:05
  • 印刷

アルコール消毒後にハンドル等を操作しても大丈夫ですか?

回答

手や指のアルコール消毒をした後、十分にアルコール消毒液を揮発させてから操作されることをお勧めします。
 
製品表面にアルコール消毒液が残留すると、製品の材質や状態等によっては劣化が促進する恐れがありますので、水拭きなどのお手入れをこまめに行うようお願いします。
 
  • ステンレス製品
    手指にアルコール消毒液が残った状態でハンドルやサムターンを操作した場合でも、劣化する心配はございません。
     
  • 塗装製品
    塗膜が健全な状態であれば少量のアルコール消毒液が付着しても直ちに劣化する心配はございません。
    ※塗装製品は塗膜に傷などがあると損傷部より劣化する場合があります。
     また、塗膜は使用環境・経年によって徐々に劣化します。
     アルコール消毒液の付着により劣化が促進する恐れがありますのでご注意ください。
     
  • 樹脂素地製品(非塗装製品)や木製ハンドル製品
    アルコール消毒液により劣化する恐れがありますので、アルコール消毒液を十分揮発させてから操作してください。
 
※他社製ハンドルとの組合せ製品においてはハンドルメーカー様の見解を確認してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます